Go to contents

米トヨタ、カローラとマトリックス133万台をリコール 今年だけで15回目

米トヨタ、カローラとマトリックス133万台をリコール 今年だけで15回目

Posted August. 28, 2010 09:14,   

한국어

日本のトヨタ自動車がまた北米市場でエンジン欠陥を理由に「カローラ」と「マトリックス」の合計133万台を対象に大規模のリコールを実施することを決めた。トヨタの大規模のリコールは、今年だけで15回目だ。

トヨタは26日(現地時間)、声明を発表し、米国とカナダ市場で販売された2005〜2008年モデルのカローラーとマトリックス133万台を対象に、不適切に製作されたエンジン制御モジュール(ECM)問題を解決するためリコールを実施すると明らかにした。

これとともに、米ゼェネラル・モーターズ(GM)はトヨタと合作生産した「ポンティアック・バイブ」20万台を同じ問題でリコールすると発表した。

トヨタは声明で、「ECMの特定部分の半田付け、回路を包むのに使われた電子部品に亀裂が発生する恐れがあり、ひびが入る場合、始動がかからなかったり走行中にエンジンが止まることもあり得る」と説明した。

この問題で3件の車両事故が発生しており、うち1件は運転者が軽い怪我を負ったことが報告されているが、トヨタ側は事故とECM欠陥との関連性は確認されていないと主張した。



higgledy@donga.com