Go to contents

産業生産7.2%上昇、設備投資2.0%後退

産業生産7.2%上昇、設備投資2.0%後退

Posted October. 29, 2005 03:14,   

한국어

輸出の好調で産業生産は向上したが、消費と投資は依然として低迷していることが明らかになった。

特に設備投資規模は20ヵ月で最低のレベルとなり、投資の落ち込みが慢性化していることを示した。

統計庁が28日にまとめた「9月の産業活動の動向」によると、先月の産業生産は昨年同期比7.2%の増となった。

これは今年1月(14.3%)以降、もっとも高い伸び率を示している。

これに対し、自動車の生産は労使紛争により、昨年同期に比べ11.5%減少した。

設備投資は特殊産業用機械と自動車産業への投資が減り、2.0%減少した。



koh@donga.com

トップニュース