Go to contents

人気歌手キム・ホジュン、「飲酒運転当て逃げ」35日目に被害者と示談

人気歌手キム・ホジュン、「飲酒運転当て逃げ」35日目に被害者と示談

Posted June. 17, 2024 08:37,   

Updated June. 17, 2024 08:37

한국어

飲酒運転と当て逃げの疑いで身柄拘束された人気歌手のキム・ホジュン容疑者(33)が、被害者のタクシー運転手と最近合意した。

16日、キム容疑者側の関係者によると、キム容疑者は12日、被害者のA氏に謝罪し、13日に双方は合意書に署名した。キム容疑者が先月9日に事故を起こしてから35日ぶりのことだ。身柄拘束状態で検察の捜査を受けているキム容疑者が検察を通じて示談の意向を伝えたところA氏がこれに応じ、双方は合意に至ったという。A氏は通院で治療を受けており、事故タクシーはまだ修理中だという。

キム容疑者と被害者の詳細な合意内容は公開されなかった。ただ、交通事故での示談成立は、一般的に量刑に有利だ。一方、キム容疑者の場合、証拠隠滅と虚偽の自首に関与した疑いも持たれているため、懲役刑を免れるかどうかは不透明、という見方もある。

キム容疑者は先月9日午後11時40分頃、ソウル江南区狎鴎亭洞(カンナムグ・アックジョンドン)の道路で、中央線の反対側に停車中だったA氏のタクシーにぶつかっては現場から逃げた。検察は今月7日、キム容疑者の拘束期間を19日まで延長した。


イム・ジェヒョク記者 heok@donga.com