Go to contents

ペク・ミンジュ、親友のキム・セヨンを破りプロ4年目でLPBA初優勝

ペク・ミンジュ、親友のキム・セヨンを破りプロ4年目でLPBA初優勝

Posted July. 29, 2023 08:22,   

Updated July. 29, 2023 08:22

한국어

ペク・ミンジュ(27=クラウンヘテ、写真)が女子プロビリヤード(LPBA)で友人でライバルのキム・セヨン(28=ヒューオンズ)を破り、デビュー4年目で頂点に立った。

ペク・ミンジュは27日、京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)のキンテックススタジアムで行われたLPBA個人ツアー第3戦ハナカード選手権決勝で、キム・セヨンをフルセット接戦の末、4-3(11-0、1-11、2-11、7-11、11-7、11-6、9-3)で制して優勝した。2019年、プロビリヤードの発足とともにデビューしたペク・ミンジュは、初優勝賞金3000万ウォンを手に入れた。ペク・ミンジュは昨シーズン5次ツアーであるハイワンリゾート選手権の2位が最高成績だった。ペク・ミンジュは今回の3次ツアーから開場したプロビリヤード初の公式会場であるPBAスタジアムでの1号優勝者になった。

ペク・ミンジュは「友達のキム・セヨンが優勝する時、観客席で応援しながら羨ましかった。今シーズンが始まってからは『本当に無茶苦茶なビリヤードをする』と言われるほど練習した。7時間の睡眠時間を除いた1日のすべての時間をビリヤードに費やした。やっと努力した結果が出て嬉しい」と話した。2021年9月TSシャンプー選手権以後、約2年ぶりに決勝に進出し、4度目の優勝を目前で逃したキム・セヨンは「準優勝に終わって悔しい」としながらも「友達の初優勝は自分にも意味深い」と話した。


カン・ドンウン記者 leper@donga.com