Go to contents

日本で18歳の自衛官候補生が発砲、3人死傷

日本で18歳の自衛官候補生が発砲、3人死傷

Posted June. 15, 2023 08:12,   

Updated June. 15, 2023 08:12

한국어

14日、岐阜市の陸上自衛隊の訓練場で、18歳の自衛官候補生が発砲し、自衛隊員2人が死亡、1人が負傷した。被害者は全員男性で、死亡者は52歳と25歳、負傷者は25歳。犯人は現場で逮捕され、警察に引き渡された。

NHKによると、犯人は今年4月に入隊した。韓国の訓練兵に相当する自衛官候補生は、入隊後3ヵ月間、基礎訓練や教育を受けた後、自衛官として任官する。犠牲者3人はすべて同じ駐屯地所属の隊員だという。犯人は、この駐屯地にある連隊に入隊して訓練を受けていた。

訓練場付近の住民は、「午前10時半ごろ、パトカーのサイレンとヘリコプターの音がして家の外に出ると、隊員と思われる人たちが訓練場の建物の外で抱き合って泣いていた。何十年もここに住んでいるが、こんな事件は初めてで驚いた」と話した。

陸上自衛隊は同日の事故後、全国のすべての部隊の射撃訓練を中止した。自衛隊側は「武器を扱う組織としてこのようなことは絶対にあってはならない。調査委員会を立ち上げ、原因究明と再発防止に努める」と述べた。浜田靖一防衛相は、「国民の皆さまに大変心配をかけ、心からおわび申し上げたい」と述べた。


東京=イ・サンフン特派員 sanghun@donga.com