Go to contents

コートのスター、彼女たちが来る ハンソルコリアオープン

コートのスター、彼女たちが来る ハンソルコリアオープン

Posted September. 18, 2010 08:51,   

한국어

マリア・シャラポワ(ロシア)とウィーナス・ウィリアムス(米国)。世界女子テニスの人気スターである彼女らは、国内唯一の女子プロテニス(WTA)ツアー、ハンソルコリアオープンのチャンピオン出身であるという共通点がある。ソウルでトロフィをもらった後、仲間らに韓国から得た楽しい思い出を伝播し、コリアの広報大使という話まであった。

プロ選手の間でこのような口コミが広がり、ハンソル・コリア・オープンは、いつの間にか人気大会に浮上した。18日、ソウルオリンピック公園コートで開幕する今年度の大会には世界ランキング50位以内の選手だけでも12人が出場する。当初出場申請をしなかった世界1位のアナ・イワノビッチ(セルビア)とディナラ・サフィナ(ロシア)も一歩遅れて参加意思を知らせてきて、ワイルドカードをもらった。

同大会と似たような時期に開かれる中国広州大会の1番シードは世界55位で、ウズベキスタン・タシュケント大会の1番シードは36位。反面、ハンソルコリアオープンのトップシードは世界19位のナディア・ペトロワ(ロシア)であるほど水準が高くなった。

この3大会の総賞金規模は並んで22万5000ドルで、WTAツアーでは最も低い方。今年で9回目を迎えるハンソルコリアオープンは、組織的な大会運営と選手の便宜を最大限考慮した宿舎や練習施設の提供などで好評を博している。今年は美貌と実力を兼備した強豪が大勢参加し、熱い優勝争いを予告している。国内舞台に初登場するイワノビッチとサフィナは高い関心を引くものと見られる。

世界的な選手らの出場により、国内選手にはさらに高いハードルができた。この大会で国内選手はシングル1回戦で勝利したことさえない。今年はイ・ジンア(陽川区庁)とキム・ソジョン(ハンソル製紙)が初勝利を狙う。

秋夕(チュソク、旧暦の8月15日)の連休と大会期間が重なり、ファンサイン会、ワンポイントクリニック、子どもテニス教室など、イベントも盛りだくさんだ。



kjs0123@donga.com