Go to contents

中国、北朝鮮の要請で脱北民の送還中止

Posted February. 03, 2020 08:19,   

Updated February. 03, 2020 08:19

한국어

北朝鮮が新型コロナウイルスによる肺炎の拡散を阻止するために、中国政府に脱北民の北朝鮮への送還を中止するよう要請したという。

「ボイス・オブ・アメリカ」(VOA)は1日、複数の消息筋を引用して、北朝鮮政府が陸海空の国境を全て封鎖したのに続き、最近中国にこのように要請したと報じた。韓国カレブ宣教会のキム・ソンウン牧師は先月31日、VOAとのインタビューで、「新型肺炎のため、北朝鮮が脱北者を送らないでほしいと要請し、中国が送れずにいるという」と話した。送還された脱北民を通じてウイルスが流入することを遮断する狙いがあると、キム牧師は説明した。

VOAはまた、脱北民の送還と中国内の北朝鮮派遣労働者、物品の移動によく利用される図們大橋も事実上、封鎖された状況だと報じた。

ただし、密貿易まで阻止することは現実的に難しく、中朝間の取り引きを通じてウイルスが拡散する可能性は排除できないと懸念されている。中朝貿易の拠点に挙げられる丹東と延辺で感染者が発生したことを受け、北朝鮮も対応に総力を挙げている。

労働新聞は2日、飛行機と旅行者の荷物、エレベータを消毒する写真を公開し、平壌(ピョンヤン)の順安(スンアン)国際空港の検疫状況を伝えた。朝鮮中央テレビは、「外国出張者と少しでも接触したり会った人とその家族まで100%捜し出し、徹底して隔離する医学的監視を行っている」と報じた。


申나리 journari@donga.com