Go to contents

トランプ氏がNBC「サタデーナイト・ライブ」の進行役

トランプ氏がNBC「サタデーナイト・ライブ」の進行役

Posted November. 09, 2015 07:20,   

한국어

米共和党の大統領選候補のドナルド・トランプ氏が7日夜、米NBC放送の時事コメディ番組「サタデーナイト・ライブ」の進行役を務め、1時間半の間、番組を引っ掻き回した。トランプ氏はNBCで2003年から12年間、「アプレンティス/セレブたちのビジネス・バトル」というリアリティ番組を司会進行して最高の視聴率を上げたことがあり、番組には慣れている。「アプレンティス」の司会をやめて1年ぶりに舞台に再び立ったトランプ氏は、まるで自分の大統領選広報番組かのように自由に振る舞い、客席の爆笑を誘った。

登場するやいなや「私は思ったよりも良い人間だ。なので大統領になろうと思う」と言ったトランプ氏は、発言中、民主党大統領選候補のバーニー・サンダース上院議員に扮したコメディアン、ラリー・デヴィッドが「あなたは人種差別主義者だ」と言った。トランプ氏のヒスパニックに対する暴言のためで、トランプ氏としては多少当惑する場面だった。

トランプ氏は意に介さず「なぜだ」と言うと、デヴィッドが「スタジオの外にいる人たちがこう言えば5000ドル(約570万ウォン)をくれると言った」と答え、爆笑が起こった。するとトランプ氏は、「実業家としてあなたの決定を十分に理解する」と言い、再び笑いを誘った。スタジオの外には、トランプ氏の番組出演に反対するヒスパニックなどの人々が「トランプ、やめろ」とスローガンを叫んだ。

トランプ氏は、当選を仮想したコントで、参謀が「最近、米国がとてもうまくいっていて、これといってすることがない」と言うと、「私が大統領になれば『勝つ米国(Winning America)』が日常化し、退屈になると言ったじゃないか」と言った。トランプ氏は、長女で大統領選キャンプで重要なサポートをする、モデルでトランプグループ副会長でもあるイヴァンカ・トランプ氏を内相役で登場させたりもした。トランプ氏はサングラスをかけて踊り、人気女性歌手「シーア」を招待するなど、感覚の若さも披露した。

先月、民主党大統領選候補のヒラリー・クリントン前国務長官がこの番組にバーテンダー役で出演して親近感を与えただけで支持率上昇のきっかけとなったので、1時間半番組を進行したトランプ氏に今回の出演がプラスになるという見方が支配的だ。一部では、トランプ氏が再び大勢になると見通している。