Go to contents

三星SDS、早くもMSCI指数入りか

Posted November. 20, 2014 03:23,   

한국어

14日、有価証券市場に上場した三星(サムスン)SDSが、世界的株価指数のモルガンスタンレーキャピタルインターナショナル(MSCI)指数に早期に組み込まれる。

19日、金融投資業界によると、MSCIは、定期変更日の今月26日、三星SDSを、MSCI韓国指数に組み込むことを決めた。上場したばかりの三星SDS株は対象ではなかったが、上場後の時価総額が4、5位のレベルにつくほど規模が膨らみ、MSCI側は当初の計画より、早めにその対象に含まれた。

今回の変更の際は、25日の終値基準で、ダウムカカオや韓電KPS、CJ大韓(テハン)通運、三星SDSの4つの銘柄が新たに組み込まれ、三星テクウィンは外される。これを受け、MSCI韓国指数に組み込まれた銘柄数は、現在の103銘柄から106銘柄へと増える。

三星SDSが指数に組み込まれれば、海外ファンドの買いの勢いが続くものと見られる。これを通じて、現在1.2%に過ぎない外国人投資家の割合も、高まるものと見られる。複数の金融投資業界の関係者は、三星SDSに5000億ウォン前後の資金が流れ込むだろうと見込んでいる。