Go to contents

花嫁の朴仁妃が71打で15位タイ、ハナ外換選手権1R

花嫁の朴仁妃が71打で15位タイ、ハナ外換選手権1R

Posted October. 17, 2014 03:25,   

한국어

瞬間最高時速40キロの強風に、体感温度がぐんと下がり、時ならぬダウンジャケットまで登場したりした。意地悪い強風と共に、国内唯一の米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーのハナ外換(ウェファン)チャンピオンシップが16日、仁川(インチョン)スカイ72GCオーションコース(パー=72、6364ヤード)でオープンした。

▲シンデレラ〓同日の1ラウンドで、カン・へジ(ハンファ)は、バーディー6個とボギー1個で、5アンダーパー、67打を打ち、いきなりトップに立った。09年、LPGAツアーにデビューした彼女は、まだ、優勝経験はない。カン・へジは、「パットがうまくできたおかげだ。両親と従姉たちの応援も力になった」と話した。

▲花嫁〓13日午後、結婚から3日後に大会に出場した朴仁妃(バク・インビ=KB金融グループ)は、バーディー4個とボギー3個で、1アンダーパー、71打を打ち、自分の結婚式のお祝い客だった馮珊珊(中国)などと、15位タイで無難なスタートを切った。朴仁妃は、「花嫁ファイトという応援が恥ずかしかった。結婚如何とは関係なく、選手として一所懸命に打っただけだ」と話した。朴仁妃の同伴者だったポーラ・クリーマー(米国)は9打を失って、最下位の78位に出遅れ、ミシェル・ウィ(4オーバーパー、76打)も振るわなかった。

▲驚異的な10代の対決〓キム・ヒョジュ(19、ロッテ)とリディア・ゴー(17、ニュージーランド)、イ・ミンジ(18、豪州)が、同じ組で対決した。すでに、LPGAツアーの優勝経験のあるキム・ヒョジュ、リディア・ゴーを抜いて、イ・ミンジが3アンダーパー、69打で、昨年のチャンピオンのヤン・ヒヨン、イ・イルヒ、イ・ミリムなどど、2位タイで終えた。キム・ヒョジュは、イーブンパー、72打(21位タイ)を記録した。リディア・ゴーは、1オーバーパー、73打(28位タイ)。