Go to contents

米コンシューマーリポート、「アイフォン6の上にギャラクシーS5」

米コンシューマーリポート、「アイフォン6の上にギャラクシーS5」

Posted October. 13, 2014 03:42,   

한국어

米国の代表的消費者雑誌「コンシューマーリポート」が、スマートフォンの評価で、米アップルの新製品・アイフォン6と、アイフォン6プラスより、三星(サムスン)電子のギャラクシーS5とLG電子のG3にさらに高い点数をつけた。非営利団体の米消費者協会が1936年から発刊してきたこの雑誌は、会社からスポンサーを受けず、直接商品を購入して、独立的な試験評価を行うため、消費者信頼度が高い。

12日、コンシューマーリポートと情報技術(IT)業界によると、ギャラクシー5は、ベライゾンやAT&T、Tモバイル、スプリントの米4大モバイル通信会社別の評価順位で、軒並みトップについた。G3は、ベライゾンやTモバイルで2位、AT&Tやスプリントでは3位についた。AT&Tやスプリントの2位製品は、ギャラクシーS5の変更製品であるギャラクシーS5アクティブとギャラクシーS5スポットだった。アイフォン6は、Tモバイルとベライゾンで3位、AT&Tとスプリントでは4位に止まった。アイフォン6プラスは、ベライゾンの10位が最高成績だった。

ギャラクシーS5は、市場に発売された4月以降、コンシューマーリポートの月間評価で、4大通信会社別スマートフォンでトップの座を固く守っている。これは、使い勝手のよさや優れた画質のディスプレー、バッテリーの長時間使用などで最高評価を受けた結果だと、コンシューマーリポートは説明した。アイフォン6は、使い勝手などではよい評価を受けたが、バッテリーの使い時間が、ギャラクシーS5の半分水準(連続通話の際は10時間ほど)に止まり、総合点数が落ちたという。