Go to contents

麹醇堂、マッコリ価格を23%引き上げ

Posted May. 24, 2014 07:01,   

한국어

麹醇堂(クッスンダン)が最近 マッコリ(濁り酒)の販売価格を最大23%引き上げたことが遅ればせに知られた。業界では占有率2位の麹醇堂の値上げで他のマッコリ製造会社も相次いで値上げに乗り出すものと見ている。

麹醇堂は今月1日から「韓国産の米で醸したマッコリ」(750ミリリットル)の大型マート基準の販売価格を1100ウォンから1350ウォンへ22.7%へ引き上げたと、23日発表した。缶マッコリの「アイシン」(350ミリリットル)6本入りの1セットは9.8%(6600ウォン→7250ウォン)、「デバク生マッコリ」(750ミリリットル)は16.1%(990ウォン→1150ウォン)が値上げられた。

麹醇堂の関係者は、「政府から安価で提供してもらっていた加工米の供給が今年から中断された」とし、「民間業者が提供する2〜5倍高い米を使うことになって、価格を引き上げた」と説明した。

業界では、「長寿生マッコリ」で有名な業界1位のソウル濁酒製造協会など、他の会社も近いうちに価格を引き上げると見ている。