Go to contents

トランプ氏、27日を「韓国戦争参戦勇士休戦記念日」宣言

トランプ氏、27日を「韓国戦争参戦勇士休戦記念日」宣言

Posted July. 27, 2020 08:16,   

Updated July. 27, 2020 08:16

한국어

トランプ米大統領が、7月27日を韓国戦争参戦勇士の休戦記念日に宣言した。24日(現地時間)、ホワイトハウスや国防総省のホームページに掲載された宣言文で、トランプ氏は、「67年前、韓半島で共産主義の拡散を阻止するために3年以上残酷な戦闘が続いた末、非武装地帯(DMZ)で銃声が止んだ」とし、「私たちが大切にする価値を守るために犠牲になった米国人を称え、彼らを記憶する」と強調した。

特に、今年が韓国戦争勃発70年であることを指摘し、「韓半島の自由と民主主義が脅威を受けた時、200万人の米国人が故郷を離れ、祖国の軍服を着て、国の招集に応じた」とし、韓国戦争で3万6千人以上の米国人が命を失い、8千人近くが行方不明になり、10万3千人以上が負傷したと強調した。

また、「戦争の影響で一時大きな被害を受けた韓国は、今では世界で最も活気に満ちて躍動的で経済的に繁栄した民主主義国家の一国であり、最も強力な同盟国の一国」とし、「米軍は引き続き韓国軍と共に誇らしく服務しており、戦争を体験して作られ、自由への熱望と愛で深まる同盟は、アジアと全世界の平和の安定に欠かせない」と述べた。


キム・イェユン記者 yeah@donga.com