Go to contents

NBA、コロナ再拡大の中で7月31日にリーグ再開

NBA、コロナ再拡大の中で7月31日にリーグ再開

Posted June. 29, 2020 08:27,   

Updated June. 29, 2020 08:27

한국어

今年3月、新型コロナウィルス感染拡大で中断された米プロバスケットボール(NBA)の2019~2020シーズンが4ヵ月ぶりとなる7月31日に無観客で再開される。NBAは27日、プレーオフ(PO)を含めてシーズン残り試合日程を発表した。再開初日はユタ・ジャズ対ニューオリンズ・ペリカンズ、ロサンゼルス・レイカーズ対ロサンゼルス・クリッパースの試合が行われる。残り試合は全てホームアンドアウエー方式ではなく、フロリダ州オーランドのウォルトディズニーリゾートで行われる。

残り試合は、NBAの全30チームのうちPO進出の可能性がある22チームだけが参加する。8月15日からチーム当り8試合ずつ計88試合を実施してレギュラーシーズンの最終順位が決まる。8月18日からは東西カンファレンスでそれぞれ上位8チームの計16チームがPOを行う。ただ、8位と9位のゲーム差が4試合以下の場合、8月16日と17日にPO進出チーム(8番シード)決定戦を行う。9位チームが2連勝すれば8位を制してPOに出場する。最終的にリーグ優勝を争うNBAファイナル(7試合4戦先勝制)は10月1日から14日にかけて実施される。2020~2021シーズンは例年より2ヵ月ほど遅れた12月に開幕する予定だ。

取り合えずはシーズン再開に踏み切るが、新型コロナ感染の脅威が依然として猛威を振るう中での再開に懸念を示す声も高い。NBAとNBA選手協会は、「シーズン再開を控えて302人の選手を対象に実施した新型コロナウィルス検査で16人が陽性反応を示した」と発表した。感染が確認された選手たちは直ちに隔離措置されたが、感染が判明する前の移動や接触状況などによってはさらなる感染者が出る可能性もある。


兪載泳 elegant@donga.com