Go to contents

SKテレコム、スイスで世界初の5Gローミングサービス

SKテレコム、スイスで世界初の5Gローミングサービス

Posted July. 17, 2019 09:05,   

Updated July. 17, 2019 09:05

한국어

SKテレコムは、スイス1位の携帯電話会社スイスコムと提携して、17日から5世代(5G)移動通信ローミングサービスを開始すると、16日発表した。今月3日に5Gモバイル通信が商用化されてから105日ぶりのことで、世界初だ。

SKTとスイスコムは今年5月、戦略的パートナーシップを締結後、5Gローミングの商用化のためにテストを行ってきた。5Gローミングは、既存のLTEローミングサービスとは異なり、世界的に5Gを商用化した国が多くなく、周波数帯域も国ごとに異なるケースが多いのでこれまで商用化されなかった。スイスコムは約600万人の加入者を保有しているモバイル通信会社で、今年4月からスイスで5Gサービスを開始した。現在チューリッヒやジュネーブ、ベルンなどの主要観光地を含む110都市で5Gサービスを提供している。

5Gローミングサービスは、三星(サムスン)電子のギャラクシーS10のスマートフォンユーザーの場合、17日からソフトウェアをアップグレード後利用できる。SKTは今後、LG電子のV50スマートフォンユーザーも5Gローミングサービスを使用できるように支援する計画だ。ハン・ミョンジンSKT・MNO事業支援グループ長は、「高品質ローミング無料通話サービス『バロ(baro)』に続き、世界初の5Gローミングサービスの開始により、もう一度ローミング技術力を証明した」と語った。

SKTは、世界初の5Gローミングサービスを記念して、年末までに「バロ料金制」に加入してスイスを訪問するユーザーが追加料金なしで5Gローミングを体験できるプロモーションを行う。


黃泰皓 taeho@donga.com

トップニュース