Go to contents

ウッズが初日に50位、BMW選手権

Posted August. 17, 2019 10:36,   

Updated August. 17, 2019 10:36

한국어

ジャスティン・トーマスとジェイソン・コクラック(以上米国)が16日、米国イリノイ州のメダイナCC(パー72)で行われた米男子ツアー(PGA)のプレーオフ(PO)第2戦BMW選手権で共同首位(7アンダー)に出た。フェデックスポイント1位(2980点)で世界ランキング1位のブルックス・ケプカ(米)は17位タイ(4アンダー)で回った。

もしトーマスが優勝して2000点を獲得し、ケプカはじめフェデックスカップランキング上位の選手たちが初日の順位を維持する場合、トーマスがフェデックスカップポイント1位(3475点)となり30人だけが出場するツアー選手権に進出することができる。フェデックスカップポイント1位でツアー選手権に出場すれば、新しい競技方式によって10アンダーから初日を始める。2位は8アンダー、3位は7アンダー、4位は6アンダー、5位は5アンダーからのスタートとなり、6位からはランキングに応じて5人ずつ束ねて1打ずつ減る。

プレーオフ第1戦(ノーザントラスト)で腰痛を訴えて棄権したフェデックスカップポイント28位のタイガー・ウッズ(米)は、この日、4バーディー、3ボギーで出場選手69人のうち50位タイ(1アンダー)で終えた。ウッズが昨年優勝したツアー選手権のタイトルを守るためには、予選落ちのない今大会で少なくともトップ10入りしなければならない。

韓国選手4人にもさらなる活躍が求められる。初日の成績を反映したフェデックスカップ予想ランキングはイム・ソンジェ(2アンダー)が32位、カン・ソンフン(3アンダー)42位、キム・シウ(2アンダー)56位、アン・ビョンフン(1アンダー)64位で、ツアー選手権に進出するためにはさらなる躍進が必用だ。


アン・ヨンシク専門記者 ysahn@donga.com