Go to contents

「文大統領と太極旗」が刻まれた第2回米朝首脳会談の記念コイン

「文大統領と太極旗」が刻まれた第2回米朝首脳会談の記念コイン

Posted February. 25, 2019 07:44,   

Updated February. 25, 2019 07:50

한국어

2回目の米朝首脳会談を記念して米政権が製作したコインに1回目の会談の時とは違って太極旗と文在寅(ムン・ジェイン)大統領が登場し、注目される。

米ホワイトハウス公式記念品販売店「ホワイトハウス・ギフトショップ」は23日(現地時間)、ベトナム・ハノイで開かれるトランプ 米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の2回目の米朝首脳会談の記念コインを公開し、注文の受付を開始した。1千個限定販売される記念コインの価格は100ドル。

コインの前面には、「平和に向かう新たな道」、「平和会談」という英文と2回目の首脳会談を象徴する「2」という数字が大きく刻まれた。今回の会談が、韓半島の平和に向かう契機ということを示唆する。「一つの平和、三人の指導者」というハングル文と「凡庸でない時代には勇気ある指導者が必要だ」という英文も含まれた。トランプ氏と金正恩氏の名前の間に文大統領の名前が入ったのも異例だ。

裏面には、星条旗と人共旗の間に太極旗が描かれた。1回目の首脳会談のコインには、トランプ氏と金正恩氏、星条旗と人共旗だけが描かれた。裏面の中央にベトナム・ハノイ主席宮の写真と「ハノイ主席宮」と書かれた。このため、2回目の首脳会談がここで行われるという観測も流れている。


朴湧 parky@donga.com