Go to contents

禹潤根駐ロシア大使、「金正恩氏のロシア訪問は今月中が有力」

禹潤根駐ロシア大使、「金正恩氏のロシア訪問は今月中が有力」

Posted November. 06, 2018 07:23,   

Updated November. 06, 2018 07:23

한국어

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が11月にロシアを訪問する可能性が高いと、禹潤根(ウ・ユングン)駐ロシア大使が明らかにした。禹氏は5日(現地時間)、大使就任1年(8日)を迎えて開いた記者会見で、「北朝鮮が議題と時期、場所を秤にかけているとみえる」と述べた。

禹氏は、「まだロシアと北朝鮮は、正恩氏のロシア訪問の時期と場所に対して合意できていないようだ」としつつも、様々な情況から11月の訪問が有力視されると説明した。ロシア側が北朝鮮に正恩氏の年内訪問を要請した状況で、北朝鮮もいかなる議題でいかなる合意がなし得るか悩み、時期と場所を検討しているということだ。禹氏は、ロシア訪問の日程が決定していないことについて、「北朝鮮としては、正恩氏の年内の韓国訪問も予定されているので、ロシア訪問との時期の調整も悩むだろう」と付け加えた。

ロシアのプーチン大統領は今年5月末、平壌(ピョンヤン)を訪問したラブロフ外相を通じて正恩氏のロシア訪問を要請した。当時プーチン氏は、9月のウラジオストク東方経済フォーラムへの正恩氏の参加か、別途のロシア訪問を要請するメッセージを伝えた。しかし正恩氏のロシア訪問はまだ実現していない。


チョン・チェウン記者 chan2@donga.com