Go to contents

ソウル市が平壌建築写真展を開催

Posted October. 04, 2018 08:53,   

Updated October. 04, 2018 08:53

한국어

ソウル市は3日、平壌(ピョンヤン)で先月開かれた南北首脳会談で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が演説した「綾羅島(ヌンラド)メーデースタジアム」をはじめ平壌の主要建築物を撮った写真を見ることができる展示会を4日から19日まで市庁本館1階で開催すると明らかにした。

ソウル市が開催する「平壌建築写真展示会」では、綾羅島メーデースタジアム内の姿、羊角島(ヤンガクド)国際ホテル、平壌の光復通りのマンションを撮った写真など40点余りが展示される。光復通りのマンションは、北朝鮮が1989年の世界青年学生祝典を控えて建築した長さ4キロメートルの住居密集地域だ。2万5千世帯を収容できる260のマンションが建っている。

展示会の写真は、英紙ガーディアンの建築デザイン評論家、オリバー・ウィンライト氏が撮影したものだ。ウィンライト氏は、「展示会を通じて北朝鮮の都市計画の野望に満ちた建築物と現実の後ろ姿を見ることができるだろう」と話した。


韓友信 hanwshin@donga.com