Go to contents

大統領府、曺国民情首席秘書官の入閣説否定せず…野党は「宣戦布告」と反発

大統領府、曺国民情首席秘書官の入閣説否定せず…野党は「宣戦布告」と反発

Posted June. 27, 2019 08:59,   

Updated June. 27, 2019 08:59

한국어

大統領府が26日、曺国(チョ・グク)大統領民情首席秘書官を法務部長官に起用する可能性をめぐって、「最終的に(人事が)決定されるまで確認する内容はない」と明らかにした。これまでの人事報道では、大統領府は事実でない場合、ほぼ即刻否定してきたことを考えると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が曺氏を法務部長官候補に指名する手続きがすでに進んでいるものとみられる。「自由韓国党」など野党は「宣戦布告」とし、大々的な攻勢を準備している。

大統領府関係者は同日、記者団に、曺氏の去就と関連して「確認する内容はない」と述べた。同関係者は、「民情首席秘書官が長官候補になれば、曺氏が自らを検証するということなのか」という質問には、「仮定の質問にはお答えできない」と発言を控えた。曺氏も同日、大統領府内部会議で法務部長官になる可能性について肯定も否定もしなかった。

大統領府と与党では、曺氏の法務部長官を公式化するムードだ。ある与党議員は、「任期末まで積弊清算の基調を続けるという文大統領の意志が強く、そのため曺氏を法務部長官に起用しようとするだろう」と話した。

野党は、曺氏の法務部長官就任に強く反発した。自由韓国党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表は、「曺氏の入閣が現実になるなら、これは文政権が『ファーストトラック独裁列車』をもはや止めないという一種の宣戦布告」とし、「尹錫悦(ユン・ソクヨル)検察総長が出て、曺国長官が背後で操縦し、野党圧迫に検察が先頭に立つ(積弊清算行き)『錫国列車』が完成される」と批判した。


韓相準 alwaysj@donga.com